ゲンゴロウはどこで販売されている?【食用として食べれるお店もご紹介】

昆虫食

ゲンゴロウはネット通販や、実店舗で買うことができるのを知っていましたか?

「ゲンゴロウを野生で見つけるのは難しいからどこで買えるんだろう」

「実は食べれるらしいけど、食べれるお店はどこにあるの?」

などという疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなゲンゴロウが欲しいけど、どこで買ったらいいか分からない、というお悩みを解決します。まずはご一読を!

ゲンゴロウとは

ゲンゴロウは、コウチュウ目ゲンゴロウ科ゲンゴロウ属に水生昆虫です。昆虫であるため、卵→幼虫→サナギ→成虫という成長過程をたどります。その中でも幼虫の成長過程は1齢、2齢、3齢という具合に細かく分かれています。

卵は幅約1mm・長さ約13mmという細長い形をしていて、10日程度で孵化して1齢幼虫となります。幼虫はおおむね灰褐色~黄褐色の細長い形をしています。

1齢幼虫は体長約25mmで卵のときの2倍ほどになり、主にミズムシやミジンコ、アカムシ、ボウフラ、ヤゴなどを食しながら2齢、3齢へと成長していきます。共食いをすることも珍しくありません。

そこから脱皮すると2齢幼虫となり、体長約40mmとなります。2齢幼虫および3齢幼虫の食物はホウネンエビ、小魚(ドジョウ・メダカ・キンギョなど)、オタマジャクシおよび小さなカエル類、ヤゴなどや、水面に落ちた昆虫類です。

もう一度脱皮すると、体長約60mm ほどの3齢幼虫となります。ゲンゴロウは幼虫の間に2度も脱皮をするのです。

ゲンゴロウの幼虫は生活のほとんどを水中で育つので、泳ぎが上手で、網ですくうと体をくねらせながら跳ね回ります。

蛹化が近づくと体長約80mmほどになり、水中を脱して上陸します。そして彼らは土の中を掘って行き、直径40mmほどの球形の蛹室を形成し、前蛹となります。その後約8日~10日後に脱皮を行い、蛹となります。

この蛹は約10日~14日後に羽化し、成虫となります。成虫のゲンゴロウはあまり強い攻撃力などを持たないため、死んだり弱ったりした魚および昆虫を捕食することが多くなります。

ゲンゴロウの現状について

かつての日本ではかなり身近に大量に生息していました。池や田んぼに普通に生息しており、身近な昆虫として小学校の教科書でも登場していたほどでした。

しかし、水質汚染などの環境破壊や農薬による中毒、外来種の繁殖、放棄水田の増加など数多くの原因により、個体数は大幅に減少し、絶滅が危惧されるほどにまで深刻となりました。

そのため現在では、滅多に見かけない希少な昆虫となりました。

しかし、いかにも昆虫らしい固くてつやのある背中と、勢いよく水中を泳ぎ回るその姿から、ゲンゴロウを飼育したいと願うゲンゴロウファンは絶えませんでした。

ゲンゴロウは昆虫特有のカッコよさだけではなく、頭に飛び出るようにくっついた黒くてきれいな球形の目玉がかわいらしかったり、先述の幼虫期の成長が興味深かったりとゲンゴロウの魅力は様々あります。

日常生活で見かけることは少なくなっても、ファンは今でもい続けているということですね。

ゲンゴロウが食べられるお店4選

米とサーカス 錦糸町ダービー通り店 (錦糸町/居酒屋)
★★★☆☆3.39 ■【馬場/PARCO営業再開】〈錦糸町駅3分〉全国の厳選ジビエ◇居酒屋「米とサーカス」2号店 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

【米とサーカス ダービー通り店】

l 営業時間

[月~金] 17:00~23:30(ラストオーダー 23:00)
[土・日] 12:00~23:30(ラストオーダー 23:00)
日曜営業

※火曜日は定休日です。

l お店の場所

東京都 墨田区 江東橋 3-9-21 ニュー錦糸町ビル 1F

l お店の詳細

高田馬場で8年目となる「獣肉酒家 米とサーカス」の2号店で、鍋や、ラーメンなどを主に扱う居酒屋です。予約可能であり、ネット予約もできます。

l おすすめポイント

昆虫などはもちろん、鹿、イノシシ、タヌキ、スズメなど、珍しいお肉が勢揃いのお店なので、珍味が思う存分楽しめます!天然ジビエによる獣鍋など、オススメ商品が多数取り揃えられています。家族や子供と共に入りやすいお店です。

l ゲンゴロウ料理

6種の昆虫食べ比べセット (\1,780)

イナゴ/ハチノコ/カイコ/ゲンゴロウ/バンブーワーム/タガメ

10種の昆虫食べ比べセット (\2,980)

イナゴ/ハチノコ/カイコ/ゲンゴロウ/バンブーワーム/タガメ/コオロギ/オケラ/オオスズメバチ/カブトムシ

REBEL (勾当台公園/バー)
■普段味わえない「ゲテモノ料理」と自家製ドリンクを満喫できる爬虫類カフェ&バー ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

【REBEL】

l 営業時間

[平日・土・日] 18:00~5:00(ラストオーダー 4:00)
日曜営業
※定休日なし

l お店の場所

宮城県 仙台市青葉区 国分町 2-5-10 石井ビル 2F

l お店の詳細

爬虫類や昆虫を使用したゲテモノ料理や自家製ドリンクを満喫できるカフェ、バーとなっています。店主の「他にはない店をつくりたい」という思想がこもった店です。

l おすすめポイント

ゲテモノ食の「素材」の味を活かすことにより、普段食べられない珍味を味わうことができます。ケース越しにヘビやトカゲなどの爬虫類を眺めることができ、景観にもこだわっています。

l ゲンゴロウ料理

ドライビートル五種 (\900)

オケラ・バッタ・幼虫・ゲンゴロウ・コオロギ

爬虫類BARウロボロス (胡町/バー)
★★★☆☆3.02 ■爬虫類を見ながら一杯。非日常的な空間で動物たちを見ながら癒やしの一時を……。 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

【爬虫類BARウロボロス】

l 営業時間

[月曜日~土曜日] 21:00~翌6:00
[日曜日、祝日] 19:00~翌3:00
日曜営業
※定休日なし

l お店の場所

広島県広島市中区田中町1-12 第2鯉城ビル 4F

l お店の詳細

昆虫類の他にも、スナック、デザート、肉類など、多岐にわたる商品を取り揃えているバーとなっています。

l おすすめポイント

ヘビ、トカゲ、フクロウなどの動物たちが出迎えてくれる、非日常を存分に楽しめる空間となっています。昆虫類やわに肉などのゲテモノ料理がとにかく充実しています!非日常的な動物たちと共に癒やしの一時をぜひ!

l ゲンゴロウ料理

ゲンゴロウ(ガムシMIX) (\950)

珍獣屋 渋谷店 (神泉/その他)
★★★☆☆3.09 ■ゲテモノ料理とジビエ料理の最高峰 ■予算(夜):¥5,000~¥5,999

【珍獣屋 渋谷店】

l 営業時間

[月~金] 17:00~21:00
[土・日・祝] 16:00~22:00
日曜営業
※定休日なし

l お店の場所

東京都渋谷区道玄坂2-20-3 モンテ道玄坂 1F

l お店の詳細

ズバリ!ゲテモノ料理とジビエ料理の最高峰の店舗です。人数変更が3日前までなら予約可能です。

l おすすめポイント

食用ウーパールーパーやオオグソクムシ、食用カブトムシのパイオニアです!珍しい食材が当たり前のように存在し、最初のインパクトに驚くでしょう。日本最高の昆虫料理店といっても過言ではないでしょう。

l ゲンゴロウ料理

昆虫5種盛り (\3,980)

通販のゲンゴロウ販売のお店

昆虫食のTAKEO|通販、実店舗、製造、養殖、研究
昆虫食の通販、実店舗、製造、研究開発から食用昆虫の養殖まで、昆虫食を専門とした事業を行う会社です。「食として楽しむ」を1番に考え、昆虫食の魅力や新しい発見をお伝えします。個人のお客様も法人のお客様も大歓迎です。

【昆虫食の通販ショップ | TAKEO】

l 商品名

ゲンゴロウ・ガムシ 15g \1,180(税込)

l 商品情報

原材料 ゲンゴロウ、ガムシ、塩
内容量 15g
賞味期限 1ヵ月~(詳しくは商品に記載してあります。開封後はお早めにお召しあがりください)
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
原産国 タイ

l 食べ方

きちんと加熱処理した上で乾燥し、塩で味付けしているので、そのまま食べることができます。

生体のゲンゴロウを販売しているお店はある?

【楽天】

楽天では、生体のゲンゴロウは販売されています。しかし、それは飼育用であり、食用に向いているものとは保証できません。

【Yahooショッピング】

Yahooショッピングでも、楽天にあるものと同様の商品が、同じ価格で販売されていました。

その他にもTagame Netなど通販での飼育用ゲンゴロウが販売されている例が多く見受けられました。

ゲンゴロウ人気おすすめ商品


栄養価たっぷり!食用ゲンゴロウです!

こちらは、食用ゲンゴロウ15gです。

加熱処理をし、高温で乾燥させて塩を振っているので、そのままお召し上がりいただけます。

見かけは正直そのまんまゲンゴロウです。少しグロテスク。

罰ゲームや友達のプレゼントにぴったりです。

また、タンパク質豊富で、栄養価は抜群なのでアスリートやダイエットしている方におすすめです。

昆虫の外殻にはキチン質が含まれていますから、エビやカニなどの甲殻類アレルギーの方はお控え下さい。

まとめ

今回は、ゲンゴロウの生態や昔から今までの変容、食用ゲンゴロウを販売しているレストランやインターネットでの販売についての記事でした。

世間では昆虫食が話題となっているため、食用にもなるゲンゴロウをピックアップしました。

ゲンゴロウはかつてはかなり身近な昆虫でしたが、ここ最近は滅多に見かけない生き物となってしまいました。人類の営みによる自然環境の変化により、ゲンゴロウにとって生活しずらい環境となってしまったのが主な原因です。

しかしながら、ゲンゴロウは飼育用としても食用としても未だに人気の絶えない昆虫です。上で紹介したとおり、ゲンゴロウを販売するレストランも多数存在します。インターネットによる通販も存在するので、気軽に試すことができます。

昆虫食が最近話題となっています。昆虫食について気になる方は、ぜひゲンゴロウを試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました