昆虫食が持つメリットとデメリットを解説!【昆虫食おすすめ5選も紹介します】

昆虫食

皆さんは昆虫食のメリットと、デメリットについてご存知ですか。

昆虫食にはデメリットしかないとお考えのあなた、この記事をみたらその間違いに気づくでしょう。

確かに、見かけが気持ち悪いというデメリットはあります。

でも、メリットも沢山あるのでこの記事を見たら昆虫食に興味持つこと間違いないです。

昆虫食が持つメリットは

まず第一に、食糧危機を救う救世主になるという点が挙げられます。
世界では、人口増加、都会化、中流層の増加により、莫大な食料が必要になります。

2017年に国連は「世界2017年人口予測改訂版」を発表し、現在76億人いる全人口が、2050年にはなんと98億人に到達すると予測しています。

それに加えて、環境汚染、温暖化、気候変動などにより水と食料の確保が厳しいとの問題点が挙げられています。
そんな中、国連食糧農業機関(FAQ)では、食糧危機を救う救世主として「昆虫食」に注目しています。

理由としては、牛などの家畜を育てるよりも、肥料の量が非常に少なくて済むからです。牛を1kg作るには約8kgの飼料が必要になります。
一方で昆虫食の場合は、2kg程度の資料で生産できることができます。

次に、栄養価が高いことが挙げられます。

種類により栄養価は異なりますが、60〜70%のたんぱく質を含み、その他にも必須アミノ酸や鉄分などのビタミン、ミネラルを含んでいます。

動物性のたんぱく質を確保することができる昆虫食は、高タンパク、低カロリー、低脂肪であり、コルステロール値も低いので非常に栄養価が高い完全食と言えるでしょう。

昆虫食のデメリットは

昆虫食のデメリットは、まず第一に見かけが良くないということが挙げられます。
昆虫食を食べる食文化がない日本で、いきなり昆虫を食べるというのは少し躊躇するのではないでしょうか。

栄養があるからといっても、見た目が気持ち悪くて食べられないのは、昆虫食初心者に課せられた試練ではないでしょうか。

次に挙げられる点としては、単価が高いことです。
現在日本の通販サイト等で昆虫食を買おうとすると、平均1000円以上は値段がかかってしまいます。

なぜなら、昆虫食のニーズが少なく、流通量も少ないからです。
今後、昆虫食のニーズが高まれば、昆虫食の単価も下がるのではないでしょうか。

また、タイやラオスのように昆虫食がポピュラーな国でも、タガメのような昆虫は高級食材とされており、現地でも高い値段で取引されています。

したがって、昆虫食が一般的ではない日本で単価が高いというのは、必然であると言えます。

昆虫食人気おすすめ5選


世界中が注目している昆虫食!おつまみにいかが!?

「バッタ」「昆虫ミックス」「スーパーワーム」の3種類のうちから2個お好きなものを選ぶことができます。

栄養価が非常に高く、ビタミン、ミネラルの他にオメガ3やオメガ6なども摂ることができます。

アスリートや体がきになる女性、健康に気を使っている方には非常に効果的ではないでしょうか。

また、昆虫食はカニやエビと近い仲間のしゅぞくなので、味がエビやカニなどに近く、鰹節のような非常に良いお出汁を出してくれます。

ですから、昆虫食は和食との相性が非常に良く、お料理の際には使い勝手ばつぐんでしょう。


糖質21%オフ!!普通のパスタより栄養価が高いです

粉末コオロギを20%使用したクリケットパスタは、通常のパスタに比べてたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミン12、オメガ脂肪酸を多く含んでいます。

さらに嬉しい糖質21%オフで、アミノ酸が多く含まれるクリケットパスタには、普通のパスタには無い美味しさがあります。

様々なソースと相性抜群で違和感なくお召し上がりいただけます。特にしょうゆ味などの和風のソースがおすすめです。

原料に使用している食用コオロギは、食用として管理された施設内で養殖され、GMPやHACCPなどの認定を受けた工場で製造しています。ですから、安心していただくことができます。


大手イギリススーパーでも大人気の昆虫食ブランド!

クランキーローストクリケットは、コオロギをそのままローストして香ばしを持たせ、食べやすい味付けを施した昆虫スナックです。

アフリカ発祥の「ペリペリソース」味は、ピリ辛の中にコクと酸味があるスパイシーなチリソース味です。

アフリカ発祥のポルトガル系ファストフードチェーンで生まれ、このぺりぺりソースで焼いたペリペリチキンが有名になり、瞬く間に世界中に広がりました。

おやつとして食べるのはもちろん、サラダやピザ、パスタにトッピングしてもおいしくめしあがれます。


これからは昆虫食のプロテインバーで体を鍛える時代です

次世代の栄養源として注目されている「昆虫食」は高タンパクで低糖質です。豊富なアミノ酸、ミネラル、良質な脂質が含まれた高栄養プロテインバーです。

イートグラブバーは、昆虫の姿、形が苦手な人のために開発された粉末コオロギ配合の食べやすいエナジーバーです。

環境に優しいコオロギプロテインと、豊富な食物繊維、無加糖で環境に優しいプロテインです。


栄養価の高いナチュラルなコオロギパウダーです

「イートグラブ」は昆虫という環境に優しい持続可能な食材を、ヨーロッパの食文化に根付かせるためにできたブランドです。

こちらの100%ナチュラルなクリケットプロテインパウダーは、マイルドでどこか甘い香りもする栄養価の高いパウダーです。

小麦粉の代わりに、パンケーキやホットケーキ、天ぷら、ハンバーグのつなぎなど様々な用途で使用することができるとても勝手が良い商品です。

まとめ

昆虫食のメリットとデメリットについて知ることができたのでは無いでしょうか。

メリットとしては、栄養価が高いこと、食糧危機の救世主になること。

デメリットとしては、見かけが気持ち悪いこと、単価が高いことが挙げられました。

デメリットの見かけが気持ち悪いことは、生理的な問題なのでどうしようもないかもしれませんが、単価が高いについては需要が高まれば、昆虫食の流通量が増え値段が下がるのではないでしょうか。

ぜひ、昆虫食にチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました